株式会社シャイニングサービス TOPページへ

太陽光発電とは
太陽光発電は屋根に太陽電池モジュールを取り付け、太陽光を使い電気をつくります。太陽光発電により作られた電気は実際にご家庭内で使用でき、使いきれずに余った電気は電力会社が買い取ってくれます。災害などで停電になった時でも太陽が照っていれば電気を使うことが出来るので、環境にもやさしく経済的にも嬉しいシステムです。 太陽光発電とは

なぜ今、太陽光発電が注目を浴びているの?

太陽光発電は、「太陽電池」を用いて、太陽の光エネルギーを直接電気に変換する発電方式です。
もしも地球全体に降り注ぐ太陽エネルギーを全て電気に変換できたら、世界の年間消費エネルギーを、わずか
1時間でまかなうことができるほど巨大なエネルギーであり、しかも、枯渇する心配がありません。

(出典 JPEA)
また日本政府は、京都議定書で定めた温室効果ガスの削減目標を達成するためにさまざまな取り組みを行っています。
その中でも、温室効果ガスの削減に効果のある太陽光発電を広めるために、2009年11月に太陽光発電の売電価格を
2倍にしたり、太陽光発電を導入する家庭に補助金を支給するなど、太陽光発電を推進する政策が強化されてきています。

太陽光発電の仕組み

太陽の光エネルギーを吸収して電気に変え、屋内に送り込みます。余った電気は電力会社へ売電します。

太陽電池モジュール・・・太陽からの光エネルギーを電気に変換します。
接続箱・・・太陽電池からの配線をまとめて電気をパワーコンディショナに送ります。
パワーコンディショナー・・・電気を家庭用(交流)に変換します。
屋内分電盤・・・電気を家庭内の各機器等に分配します。
メーター・・・売る電力と買う電力を計測します。

天候による発電の傾向の変化

平均的な一般家庭で消費する電力量は、年間約3600kWhなので、これは定格出力3~4kWの太陽光発電システムによってまかなうことが可能です。晴れた日中には発電効果がもっとも大きくなり、電力会社に売電する量も大きくなりますが、曇りの日は、あまり発電できなくなります。その場合には、不足分の電気を電力会社から買って使う事となります。

一方、真夏の晴れた日には冷房などの利用が増加し、一年でもっとも電力利用が増加します。また、電力供給がもっとも切迫する真夏に、太陽光発電を設置していることにより、削減電力の消費量を抑えることができます。

  • 太陽光発電とは
  • 太陽光発電のメリット
  • オール電化

当社について

  • シャイニングサービスの強み
  • 業者選びのポイント

太陽光発電

  • 太陽光発電とは
  • 太陽光発電のメリット
  • オール電化
  • 補助金について
  • マンション・アパートオーナー様へ
  • 施工事例

インフォメーション

  • 導入までの流れ
  • お客様の声
  • よくある質問

会社案内

  • 会社概要
  • スタッフ紹介
  • お見積りフォーム
  • 資料請求・お問い合わせ
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー
  • スタッフブログ